ハイヤーとタクシーの違いと利用方法

一般的によく耳にするタクシーとハイヤーですが、この違いについて具体的にどう違うのかという事を知っている方というのは、それ程多くないのではないでしょうか。見た目としてはタクシーであれば緑色や黄色といったカラフルな色のイメージ、ハイヤーというと少し高級な感じの黒色というイメージがあるかもしれません。

まず両者の大きな違いとして、乗車方法が挙げられます。タクシーは乗り場まで行くか、もしくは手をあげて空車に止まってもらいます。そして乗り込んだ後に目的地を伝えるという乗車方法です。一方ハイヤーは完全予約制となっています。営業所から出発後お客さんとの待ち合わせ場所に向かい、目的地まで送り届け、また営業所に返っていくという流れになっています。そのため、一般的な日常生活の場面で乗るというよりは、観光に訪れた会社の役員や重役の方々の移動など、少し特別な移動の時に選ばれてきました。

しかし、ハイヤーのサービス内容は近年多様化しており、幅広いお客さんのニーズに応えるようなサービスが豊富に展開されています。例えば七五三や結婚式などの特別なイベント時の移動や、サプライズのプロポーズをする時などにぴったりのメニューが用意されています。車内でプロポーズをする場合は、演出まで一緒に考えて細かいところまでサポートしてくれるのです。具体的には、車内でBGMを指定できたり、車内を飾り付けしてくれたりします。ハイグレードなこだわりを感じるゆったりとした車内でドリンクのサービスも依頼できるなど、非日常を楽しめる充実したサービスは非常に人気となっています。

そのほかにも、観光の用途でのハイヤー利用も人気となっています。ハイヤーは、前もって打ち合わせをして旅程を決めて、時間内で効率良くスポットをまわってくれます。そのため限られた時間をより有効に使えるのがメリットです。家族でゆったりと、もしくは友人同士でワイワイと観光地を回りたい場合におすすめです。また、観光地に行ってから時間に余裕ができたといった時には、追加で行きたい場所に案内してもらう、というような柔軟な利用方法も可能です。英会話やガイド検定の資格を所持しているドライバーもいるため、海外からのお客さんと一緒に観光地を巡る場合も、初めて訪ねる場所で土地勘や情報があまり無い場合も大いに頼りになる存在となるでしょう。安心して乗車できる点も踏まえると、タクシーと比べると多少価格設定が高くともそれに伴った充実したサービス内容で、納得のいく時間を過ごせるはずです。