ハイヤーとタクシーの違いや利用に適したシーン

ハイヤーとタクシーの違いや利用に適したシーン

ハイヤーと聞くと、高品質な接客を思い浮かべたり、富裕層が使用している乗り物と考えたりするでしょう。確かにこうしたイメージも間違いとは言い切れませんが、一般の方が思い浮かべるものと若干違っている側面もあります。

ハイヤーとは運転手が付いた配車サービスのことで、基本的に貸し切りとなっています。タクシーと似ている部分も多いものの、実際には異なる乗り物と考えておきましょう。特に大きく異なっているのが利用方法です。一般的なタクシーの場合、駅の乗り場などへ行けばすぐに利用することができます。街中を走っているところを停める方法もあります。普段から使っている方にとっては当たり前かもしれませんが、いつでも好きなタイミングで使えることが特徴となっています。しかし、ハイヤーは違いが見られます。地域によって実情が変わる場合もあるものの、ハイヤーは基本的に街中などでの流し営業をしておらず予約制を採用しています。そのため、今すぐに移動車を利用したいとなったとき、予約状況によっては利用できない場合もあります。あらかじめ気を付けておきましょう。

タクシーとハイヤーでは、そもそもサービスの品質が異なるため、単純な比較はできません。例えばサービス面でのクオリティーですが、上質な接客などを求めるのであればハイヤーが適しています。タクシーも接客は決して悪くありませんし、力を入れている会社も中にはあります。ただ、ハイヤーはサービス面に重点が置かれており、接客のクオリティーは非常に高くなっています。このため、サービスを重視する場合や、上質な接客が必要なシーンなどでは、ハイヤーの利用を検討したほうがよいでしょう。

クオリティーに違いが見られることから、向いている用途も変わります。例えばタクシーの場合、病院へ行く時に使ったり、誰かを送迎してもらったりと、いわゆる日常の足として使う方がほとんどです。帰宅時に駅前から家まで送ってもらうなど、日常的な利用が一般的になっています。一方のハイヤーはというと、日常的な足として使うケースは多くありません。主にスポット単位での使用が大半といってもよく、想定されるシーンもそれに伴ったものになっています。一例ですが、ビジネスで会社役員や社長の移動手段としての使用や、取引先の重要な人の送迎など、特別な待遇が必要な時にはハイヤーの出番といえるでしょう。プライベート目的であれば、観光の足として使ってみたり、特別な日にサプライズの演出として利用したりする方法もあります。タクシーとハイヤーはこのような違いがあるため、用途に合わせて使い分けることが大切です。

料金も異なるポイントです。タクシーは初乗り運賃に加えて、走行距離をメーターで測り料金を請求する2段階制となっています。メーターに表示される運賃は、乗車時間と乗車距離が増えるほど加算されていきます。対するハイヤーは、出庫から帰庫までが対象になっています。なお、料金は予約時間や距離によって変わります。ただし、会社により料金の設定が違いますので、予約する前に問い合わせておきましょう。いくつかの会社から見積もりを取り、比較してみるのもおすすめです。

さまざまな車種の中から選べることも違う点といえます。一般的なタクシーはセダンが多く、一部の会社はジャンボタクシーやマイクロバスも保有しています。ハイヤーの場合は車両のバリエーションが豊富で、セダンはもちろん、ミニバンやジャンポタイプの車種を用意していることもあります。人数やシーンによって好みの車種を選べますので、相談してみるとよいでしょう。選ぶ車種によって基本料金が変わるので、気になる方は、予約する時に聞いておくことをおすすめします。

INFORMATION

2020年12月24日
ホームページを更新しました